長岡京市商工会 会長 高井保治
新年明けましておめでとうございます。
 皆さま方におかれましては、お健やかに新しい年をお迎えになられましたことを心からお慶び申し上げます。
 昨年の我が国経済は、一部に回復の兆しがみえたかに報道されましたが、企業の倒産件数や、なお高水準の失業率など依然として明るい材料は少なく、地元商工業においてもまさに、四苦八苦の状況が続いております。 しかし、こういう状況であるだけに地元業者が一致団結して、事にあたらなければどんな問題も解決されません。
 皆さんの英知と総意を商工会に結集していただき、今年こそ地元商工業者の活力を取り戻し、地元経済の再生を確かなものにする必要があります。
 地元商工業者や商店街の活性化なくして地元経済の活性化も市域の発展もありません。
 JR西口再開発の問題をはじめ、市街地の活性化策・第二外環など幹線道路交通網の整備・阪急電車の立体交差化など大きな問題から身のまわりにある数多くの課題まで心を一つにして一緒に考え行動する必要があります。
 今年こそ、これらの課題を一つでも二つでも解決し、前進させるために地元の総合経済団体である商工会に皆さんの力を結集していただき、明るい展望のもてる年にしようではありませんか。
 今年もよろしくお願いします。
[1] [2] [3] [4] [5] 次へ メニューへ