トピックス 経営支援 販売促進事業 長岡京商工会について 地域情報 アクセス
長岡京商工会について
トピックス
部会活動
  商業部会
  工業部会
  建設業部会
  飲食業部会
  理財業部会
  文化交通業部会
  青年部
  女性部
リンク(会員企業他)
リンク(会員企業他)
 
プライバシー・ポリシー

あなたの会社が、金融機関から見て「ピカピカの会社」になり、融資を提案されるようになる方法

平成31年3月20日17:00~19:00

今!融資を受けたい経営者必見!!!

あなたの会社が、金融機関から見て「ピカピカの会社」になり、融資を提案されるようになる方法

こんにちは。長岡京市商工会、事務局長の篠永です。

今日は、金融機関から融資を受けたいと考えていらっしゃる社長さん、事業主さんのためのセミナーのご案内です。

実は、今の会社や、今の事業の経理処理のやり方をすこ~しだけ変えるだけで、あなたの会社やあなたの事業は、金融機関から見て「ピカピカの内容」「ピカピカの会社」になるのです。

金融機関から見て「ピカピカの会社」とは、金融機関が融資をしたい会社ということです。

つまり、あなたの会社やあなたの事業が、金融機関から見て「ピカピカの内容」になれば、金融機関から融資の提案が受けられるようになる。

そこで今回、会社の会計処理をすこしだけ変える事で、金融機関から見たあなたの会社を「ピカピカの会社」にし、融資の提案を受けられるようにする方法をお伝えするセミナーを開催します。

もちろん、講師の先生にはその道のプロをお招きしてします。

具体的には、会社の決算書に記載される「勘定科目」を整理することで、あなたの会社は金融機関から見て「ピカピカの会社」になります。

実は多くの方がご存知ないのですが、今、金融機関は必死で、融資先を探しています。
なぜかというと、国からの通達で、融資をする方法を変更しなければならなくなったからです。

今までのような融資の仕方ができなくなった金融機関さんは、とにかく融資ができる企業を探しているのです。

ところで、世の中には、監査法人というものがあります。
この、監査法人は、会社の決算書を見て、その経理の処理が適切かどうかを判断するのが役目です。

しかし、監査法人は、会社の実際の事業のことはわかりません。
ではなぜ、会社の決算書を見て、その経理の処理が適切かどうかが判断できるのか。

それは、この処理がこうなっていれば問題ないだろう、と判断できる「推測のガイドライン」があるからです。

つまり、どれだけちゃんとした事業をしていようと、このガイドラインから外れた処理をしていると「おかしいじゃないですか!」と指摘される・・・

---

ご興味のある方は、ぜひセミナー会場へお越しください。

参加費は2,000円(税込み)で当日ご持参ください。

まずは、席を確保いたしますので、別添PDFのチラシに必要事項を記載のうえ長岡京市商工会へFAXいただくか、お電話(075-951-8029)で「お名前」「当日ご連絡がつくお電話番号」「御社名」「FAX番号」「メールアドレス」をお知らせください。

皆様のお越しをお待ちしています。